親が太っていると遺伝で子どもも太りやすくなるのですか

「 最後のダイエット 」の 連載

 

Q6 親が太っていると遺伝で子どもも太りやすくなるのですか

 

A 親と子の肥満の相関関係が高いのは、食生活のパターンや嗜好傾向、生活習慣が子どもに影響を与えているからだとも考えられます。

 

一つ屋根の下で暮らすなら、食生活も当然似通ってきます。体脂肪のもとになるエネルギーたっぷりの食事、間食が多く、なんでも好きなものを好きなだけ食べてよしの環境、そのうえ外にでるより家でじっと過ごすのが好きとなれば、親子で、あるいは家族そろって肥満でも、ちっともおかしくはありません。太る素質をぐんぐん伸ばしているわけです。

 

出典  最後のダイエット
           鈴木吉彦 著  (株) 主婦の友社 発行