医学的に「肥満」とは、BMI25%以上を指す?

「 まちがいだらけのダイエット」の 連載

 

若い女性は、身長160cm 56kg(BMI21.9)くらいでは太めと思い込むようです。
しかし、医学的にはBMI22が標準体重です。健康診断などで肥満と診断されるような人は、BMI25以上のケースです。

 

日本肥満学会では25以上を肥満と定義していますが、WHO(世界保健機関)では25~30未満を過体重、30以上を肥満と定義しています。

 

例をあげれば、日本人女性で身長160cm70kg(27.3)、165cm77kg(28.3)といったぐあいで、これならだれが見てもわかる程度の肥満です。

 

以前はBMI22がいちばん長生きすると考えられていましたが、最近の世界中の研究、調査では「小太りが一番長生きする」という結果もあります。
その「小太り」はどこまで許されるのでしょうか?
栄養管理、がん研究などの視点では、「BMI25~27が一番長生きする」という報告もあります。

 

しかし、糖尿病やホルモン異常などの内分泌疾患などを持つ人の場合には、たとえ肥満レベルでなくても治療対象となる場合もあります。
適正体重は、個々の条件に合わせて調整する時代になってくるかもしれません。

出典 まちがいだらけのダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 保健同人社 発行