フルーツダイエット

「 最後のダイエット 」の 連載

 

Q フルーツを中心にしたダイエットをしたいのですが、どんな食べ方をすればいいですか。

 

A 果物は、いくら食べても太らないと信じている人が少なくありません。確かにビタミンCはかなり豊富に含まれていますが、同時に果糖という糖質をたっぷり含んでおり、これがダイエットにはなかなかの大敵です。というのは、果糖は、水分に溶けている状態で果物に含まれているため、体内に吸収されるスピードが速く、砂糖以上に脂肪にかわりやすいのです。

 

ちなみに、果物にどのくらいの果糖が含まれているかというと、パイナップル1個(約600g)で91g、りんご1個(約200g)で26g、バナナに至っては1本(約100g)に23gも含まれています。 糖質が特に多い果物は、バナナ、ぶどう、パイナップル、マンゴー、柿、洋梨など。

 

こう見てくると、普通に食事をして、さらに果物を食べ過ぎれば、あっという間に1 日に必要な糖質の量をオーバーしてしまうことがわかります。では、 果物は1日にどのくらいの量なら食べていいのでしょうか。ダイエット中なら、エネルギー量でいえば、100kcalぐらいの量が適当です。どのくらいの量が100kcalに相当するかは、下の表を参考にしてください。なお、缶詰めの果物はシロップ漬けになっているため、エネルギー量は生の約2倍もあります。ドライフルーツなどは約3倍もあります。

 

出典  最後のダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行