野菜サラダダイエット

「 最後のダイエット 」の 連載

 

Q 1日3食とも、ボウルー杯のサラダを食べてダイエットしています。 でも生野菜は体を冷やすので良くないって本当ですか?

 

A 女性の間ではまだまだ生野菜信仰が根強いようです。確かに野菜は低エネルギーで、ビタミンやミネラルが豊富。食物繊維も多く、毎日とって欲しい大切な食品です。しかし、3食とも「 野菜だけ 」というのは非常に問題があります。というのも、サラダだけの食事では、 体の働きを維持し、活動を続けていくために必要な糖質やタンパク質などの栄養素がとれないからです。

 

しかも、生野菜は量を多くとったつもりでもそのほとんどが水分で、栄養価は思ったほどではありません。 生野菜だけの食生活では、ビタミンさえ十分にとれず、栄養失調状態になってしまうのです。野菜をじょうずに利用して、健康的にやせるためには、 次の4点に注意してください。

 

①生野菜はレタス、きゅうりなどの淡色野菜が中心になりやすいので、ほうれん草、 小松菜など色の濃い野菜(緑黄色野菜)も積極的にとること。1日に必要な野菜の量は、淡色野菜と緑黄色野菜を合わせて300g。おひたしや煮物など、火を通した料理にすると量もたくさんとれます。

 

②サラダを主なおかずとするときは、タンパク質が不足しやすいので、ゆで卵、チ-ズ、肉類、シーフード、豆腐などを必ず加えるようにします。

 

③マヨネーズ( 大さじ1杯98kcal)やドレッシング(大さじ1杯56kcal)は油分(脂質)を多く含み高エネルギーですから、できるだけ控えること。自分でドレッシングを作るときには、油を減らして極力エネルギーを抑える工夫が必要です。酢と油の割合を変えて酢をふやす、ワインでのばすといった具合に。市販の低エネルギータイプのマヨネーズやドレッシングは、 量を使いすぎなければおすすめです。

 

④同じサラダでも、ポテトサラダやマカロニサラダなどは、実は‘主食と変わりません。 というのも、ジャガイモもマカロニも、栄養的にはご飯と同じ糖質が中心の食品だからです。 使われるマヨネーズの量も多くなりがちで、思ったより高エネルギーなので注意しましょう。

 

なお、 生野菜が体を冷やすということについては科学的根拠がありません。

 

出典  最後のダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行