明るい気持ちでダイエットを続けるコツを教えてください。

「 最後のダイエット 」の 連載

 

Q69 明るい気持ちでダイエットを続けるコツを教えてください。

 

A  いくつかのポイントをあげてみましょう。

 

① 自分に自信を持つ 自分をみがいて自信を持つようにすれば、 太っていることにこだわりすぎることもなくなり、 かえって自己コントロールがしっかりできるようになるでしょう。 この自己コントロールさえできれば、 ダイエットはむずかしいものではありません。

 

② 心に余裕を持つ。 「ダイエットに最善を尽くさなければ」 とか、「やせるまで~を
絶対しない」などと思い詰めないこと。自分を追い詰めてみてもダイエットは成功しません。 また、人に「 私、 太ってる? 」と聞けるくらいのおおらかさがほしいものです。 中には「 今くらいの体形がいい」といってくれる人も いるはず。自分を客観視するために、人の批評にすなおに耳を傾けることができるくらいの心の余裕を持ちましょう。

 

③ 構えず気楽に取り組む。  ダイエットの基本は、構えないこと、ダイエットを特別なことと思わないことです。リラックスしてやりましょう。
とはいっても、 正しいダイエットを身につける努力は必要ですし、 多少、 苦しいこともあるはずです。そんなとき、 つらいと思い込まないように、物事をプラスのイメージにして、自分自身のつらい気持ちを楽にしていく自己訓練を心掛けます。

 

④ 途中でくじけてもダメだと思わない 。例えば友だちと食事して、つい食べ過ぎたというときも、「 もうダイエットに失敗しちゃった 」とあきらめたり、投げたりしないことが大切です。 落ち込んだり後悔するより、 体をいつもより動かすといった対策をフォローし、「ダイエットの成功日が1日分遅れただけじゃないか」と考え、 めげずにまたがんばればいいのです。常に明日のことを考え、前向きにダイエットをつづけましょう。

 

出典  最後のダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行