激しい運動をすると、かえって太るというのは本当?

「 最後のダイエット 」の 連載

 

Q57 激しい運動をすると、かえって太るというのは本当?

 

A やせる為に適した運動とは、Q56でお答えしたような有酸素運動で、これをゆるやかに長時間続けることです。

 

これに対して、ハーハーと呼吸困難になるほどの運動、例えば100m全力疾走などのような激しい運動(無酸素運動)は、体を鍛える点では有効ですが、やせる為にはあまり効果的ではありません。

 

というのは、無酸素運動のエネルギー源は、脂肪ではなく、糖質が中心で、本来無くなって欲しい脂肪組織はほとんど使われないからです。

 

しかも、激しい運動は、心臓の負担を増し、空腹感と疲労感で、心理的にもエネルギーを補給せざるをえなくなります。

 

つまり、運動して、その分食べ過ぎることがありうるのです。この意味でならば、激しい運動をすると太るということが言えるでしょう。

出典  最後のダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行