外食ばかりしていると太ると言われるのはなぜですか?

「 最後のダイエット 」の 連載

Q52 外食ばかりしていると太ると言われるのはなぜですか?

 

A おおむね次の二つの理由が考えられます。

 

一つは、栄養のバランスが崩れることです。
外食は糖質や脂肪が多く、大切なタンパク質や野菜がどうしても不足しがち。

 

もう一つは、高エネルギーのメニューが多いことです。
外食は、ボリュームアップさせるために、揚げ物は衣が厚くついていたり、味をマイルドに仕上げるためにラードを使っていたりして、家庭料理と比べ、エネルギーが高くなっています。外食は1日1回に抑えることです。

 

どうしても外食生活をせざるを得ない場合は、外食メニューの中から、できるだけ栄養的に満足できる、ダイエット向きのものを選ぶことが大切です。

 

出典  最後のダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行