ビタミンB群は、協力して働きます。

「 完璧活用 ビタミン BOOK 」の 連載

 

ところで、B群のビタミンが、なぜ群としてまとめられているのでしょうか。

 

それは、食事からとった糖質、タンパク質、脂肪などの栄養素を、肝臓などの内臓器官や筋肉をはじめとした全身の細胞で分解し、燃やしてエネルギーに変えるとき、ビタミンB群が分担し協力しながら重要な働きをしているからです。

 

その重要な働きとは、補酵素という共通の働きです。

 

そして、共通性はあるものの、個々の生理作用は違うので、それぞれ独立したビタミンとして扱っているのです。

出典 完璧活用 ビタミン BOOK 
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行