現代の日本社会では肥満が増えている?

「 まちがいだらけのダイエット」の 連載

 

ある意味では正しい。

 

飢えることがなくなってグルメが増え、また、多くの家事労働や産業労働の機械化が進み、自動車も増える一方ですから、肥満が増えてくるのは当然でしょう。比較の基準をどの時代に置くかによって議論はかわってくるものの、平均してもわずかに肥満の人が増加しているのは、まちがいないようです。

 

ある意味ではまちがい。

 

一方、肥満をおそれて自己管理をしている人たちも増えています。昔のように「逆療法」などといっためちゃめちゃな考え方をする人は減っています。

 

また、国民栄養調査によると、日本人のエネルギー摂取量の平均は、減少傾向にあります。さらに若い人たちでは身長が伸びています。この結果、身長との割合から見ると、肥満はそれほど増えているとはいえません。

 

すなわち、自己管理せずに食べることを楽しむと太りやすく、スリム志向の人は頑張ってやせる・・・・・それがより自由にできるようになったために、肥満と痩せとに二極分化する傾向にあるともいえるでしょう。

出典 まちがいだらけのダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 保健同人社 発行