ビタミンが人間に与える影響を示す“量”にもいろいろ種類があります。

 

「 完璧活用 ビタミン BOOK 」の 連載

ビタミンについて、私たちが一番知りたいことは、どのくらいの量をとれば健康を維持・増進でき、欠乏症に陥らないかということではないでしょうか。

 

実際、ビタミンについての雑誌記事や新聞記事、あるいはビタミン剤の効能書きなどには、「所要量」とか「必要量」といった言葉がしょっちゅう出てきます。

 

それだけでなく、それぞれのビタミンによって分量が異なっています。これらの量は、本当は毎日の食生活で大いに参考にし、目安にしなければならないものです。

 

そこで、私たちにとって、ビタミンにはどのような“量”があって、何を意味するのか、一覧表にしておきました。

 

出典 完璧活用 ビタミン BOOK 
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行