豆腐ダイエット

「 最後のダイエット 」の 連載

 

Q 豆腐はヘルシー食品の代表。そこで、エネルギーの高い肉や卵は食べず、タンパク質は豆腐からとるようにしています。タンパク質であれば、どんな食品からとっても同じことですよね。

 

A いいえ。タンパク質もそれぞれの食品によって成分が少しずつ違います。 健康的に美しくやせるには、豆腐などに含まれる植物性タンパク質だけではなく、動物性タンパク質も必ずとらなければなりません。
植物性食品と動物性食品の両方を、バランスよく食べることがたいせつなのです。

 

肉の場合、脂の少ない赤身であれば、エネルギー的にもそれほど心配することはありません。ダイエット中でも赤身の肉を1日50g、 卵は1個を目安にとるよう心がけましょう。
なお、豆腐には、絹ごしと木綿がありますが、絹ごしのほうが低エネルギーです。木綿豆腐1/2丁で116kcal、絹ごし豆腐1/2丁で87 kcalです。

 

出典  最後のダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行