食品からビタミンを摂るときのポイント、食品の選び方、調理法に工夫が必要です

「 完璧活用 ビタミン BOOK 」の 連載」

まず、食品からビタミンを摂るときに大切なのは、食生活のチェックと改善です。その際、次のような点に注意してください。

 

① 人工的な栽培による野菜のビタミン不足
 植物にとって不自然なハウス栽培などによって作られる野菜は、露地物より、どうしてもビタミンが少なめです。例えば、きゅうりのビタミンC含有量(100g中)は露地物22mgに対して、ハウス物は9mgというデータがあります。野菜はできるだけ自然に近い状態で栽培された物を選ぶようにしましょう。

 

② 調理の際にもビタミンは失われます
 各章ですでにお話ししましたが、ビタミンは調理の際にも失われます。調理の際、一般に見込まれる損失率の大体の目安は、A→20%、B₁→30%、B₂→25%、C→50%です。本書の各章で紹介した損失率の少ない調理法のコツを参考にして、上手に料理してください。

 

③ 体質・年齢によって消化吸収率が違います
 食物として口から入ったビタミンは、十二指腸や小腸から吸収されます。しかし年をとると、この吸収力は落ちます。65歳以上になるとその吸収力は半分に減るといいます。
そのうえ、年をとると、歯が悪くなったり、食も細くなったりと、食べ物から摂れるビタミンの量も減ります。そこで、ビタミンが豊富に含まれた材料を選ぶ工夫が必要になります。

 

出典 完璧活用 ビタミン BOOK 
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行