病気とは言えない些細な症状の原因が、実は軽いビタミン不足だったりします。

「 完璧活用 ビタミン BOOK 」の 連載」

 

 疲れが残って体がだるい、イライラする、夜眠れない、頭が重い、食がすすまない、寝起きが悪い、肩がこるなどの症状を抱えている人はいませんか?病院に行くほどのこともないし、仮に行ったとしても「別に異常はありません。自律神経失調症でしょう」と片付けられてしまわれがち。

 

 こんな時疑っていいのが軽度のビタミン不足です。事実、不定愁訴と呼ばれるこれらの半健康状態を訴える人の30%近くが「潜在性ビタミン欠乏症」の可能性を持っているともいわれます。

 また、偏食の人、偏った食生活や不規則な生活を続けている人、ダイエットをしている人などに、この「潜在性ビタミン欠乏症」が深く静かに蔓延しているともいわれます。

 それでは、不足しがちなのはどのようなビタミンでしょうか。共立女子大学の稲垣長典教授の分類によると、次のようになります。

 

① 少し油断すると欠乏症になりやすいビタミン
A、B₁、B₂、C、Dの5種類
② まれに欠乏症が起こるビタミン
B₆、ナイアシン、葉酸、B₁₂、E、Kの6種類
③ 注意する必要のないビタミン
① ②以外のビタミン
もしあなたに「潜在性ビタミン欠乏症」に思い当たる節があったら、次から始まる「ビタミン活用法」を見て、自分にどのビタミンが必要かを知り、そのビタミンを積極的にとれるような食生活を心掛けていただきたいものです。

 

出典 完璧活用 ビタミン BOOK 
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行